最新テクノロジーを利用しよう|スムーズなライフにしよう

快適さ

タッチモニターの操作について

スマートフォンやタブレット端末の普及によってタッチモニターも数多く増えてきました。性能や価格もまちまちですが、基本操作は指で行うのは変わりません。しかし、注意していただきたいのが、基本操作以外での操作方法がタッチモニターごとに異なることです。特に指を2本や3本以上使用する操作ではその差が出やすかったりします。単純に対応していないものや、スライドは可能だがページをめくる場合は別の場所をタッチしたりする必要があるなどです。 タッチモニターの多くは体から発する微量な静電気によって操作します。手が水などで濡れていたりすると上手く反応しなかったり、誤操作を起こしたりするので、なるべく乾いた手で使用することが大切です。

低価格の商品を購入しよう

個人で使用する商品だけでなく、企業で使用するパソコンでも現在ではタッチモニターが使用されており、その普及台数はかなりのものです。多くのユーザーが利用していることもあり低価格のタッチモニターも低価格で販売されるようになりました。特に一昔前では7万円から10万円と通常のモニターに比べて割高でしたが、最近では約半額で購入も可能です。低価格でも性能的に劣っていることもありません。しかも、低価格ながら本来ができないような手袋をした状態でも使用できるものがあります。これは、感圧式のタッチモニターですので、指だけでなくペンなどでも操作が可能です。 このように静電気式や感圧式はモニターを選ぶ際に一つの指標となるので、自分の使用状況に合わせて購入ができます。