実験器具の購入 | 最新テクノロジーを利用しよう|スムーズなライフにしよう

最新テクノロジーを利用しよう|スムーズなライフにしよう

実験器具の購入

マイクロスコープの価格の傾向について探る

私たちの普段の生活には、目に見えているものと、目には見えない極微小なものが存在しています。目に見えるものについては、商品として購入できるものもありますが、肉眼で確認できない様なもの、細菌であったり微生物であったりなどについては、研究材料として取り扱われる場合があります。研究に使用される道具としては、マイクロスコープなどが挙げられます。 マイクロスコープを購入しようとした場合の価格については、特に精密機器に分類される事もあり、その性能によって価格が変動している事が多い様です。例えば、電子光学系の商品の場合には、数百万円クラスのものも見られます。一方で、簡単な取り扱いのできる卓上使用が可能なコンパクトタイプのものだと、1万円位の商品もあります。

これまでの変遷を見ておく

マイクロスコープのこれまでの変遷としては、その日本語訳によっても扱いが違ってきますが、所謂日本語で顕微鏡と訳されるものの場合には、16世紀後半に発明された歴史をもっています。時代を経るに従って、微生物研究などが行われていく事に伴い、顕微鏡の性能が上がっていく事になりました。現在では、パソコン画面などにも画像を反映する事ができ、拡大作用に限らず、データとして加工する機能も見られる様になっています。 また、マイクロスコープについては、医療分野で採用される様になっていますが、この変遷としては、最初に耳鼻科でマイクロスコープを使用したのが始まりといわれています。1950年代に入ってからの事ですので、歴史としてはまだ比較的浅いものでもあります。その後は、脳外科や心臓外科分野でも利用される様になり、現在では歯の根幹治療に利用するなども一般的になっています。